寝取られ夕暮れ教室

寝取られ夕暮れ教室~無料立ち読み可~あらすじ・ネタバレを読む

夕暮れの教室で、愛しの先生を待つ女子高生が突如寝取られた!

 

秘密を見られた女子は、男を守るために身を委ねるしかなかった。

 

純粋な愛を貫く女子高生を、悪しき男がアソコで貫いてしまう寝取られストーリー。

▽大容量31ページを無料で試し読み▽

▲登録なしで今すぐ読めます▲

これはこんなあなたに向けて作られた作品

この作品を読むべき人は

・寝取られ、寝取り好き

・JK好き

・コスプレ好き

・Sっ気のあるプレイ好き

・巨乳好き

・処女好き

少しでも当てはまる人は今すぐ試し読みへGO!

▽大容量31ページを試し読み▽

→無料でJKを寝取る

※会員登録はしなくてOK

あらすじ

放課後人気の少なくなってきた学校の教室で一人の女の子がいた。彼女の名前はユカリ。

 

そこで彼女は見回りに来る教師を待っていた。放課後見回りに来るのは新米の教師と決まっていた。

 

廊下を歩く彼を見つけた彼女は後ろから静かに忍び寄り、一気に抱きついた

 

驚いた彼は焦っていた。

 

彼の名前は高橋。高橋は年の離れた幼馴染で昔からユカリは高橋の後をよく追いかけていた。彼の夢は教師になること。

 

その長年の夢が叶って今彼は教師をしている。

 

そんな彼にキスをねだると、困ったような顔をしながら、周りを確認してキスをしてくれた。

 

彼の優しいキスにいつもトロけそうになる。学校の放課後、誰にも言えない二人だけの秘密。

 

この放課後の夕暮れは、かけがえのない幸せな時間だった。

 

しかし私は甘えていた。バレたら困るのは彼なのに、彼の優しさに甘えて軽率な行動をしてしまっていたのだ。

 

その日は突然やってきた。いつものように放課後教室の近くにいると、後ろから生徒指導部の体育教師植田がやってきた。

 

植田はセクハラ教師で有名で、女子生徒から一番嫌われていた。

 

放課後に残っている理由を聞かれ、適当に忘れ物をしただけだからすぐ帰ると言ったが、怪しまれてしまう。

 

そして最近校内で窃盗事件があったから、手荷物検査をすると言う。

 

そんな事件あったかな…

 

教室に入り、荷物を見られ、疑いは晴れるが、次に身体検査をすると言う。

 

形だけのものだからと言われ、渋々了解した。

 

すると植田は急に制服を捲り上げ、ブラジャーを露出させてきた。

 

「何するんですか!?」

 

「七瀬、隠し事は良くないな〜。ほーら見てみろ。よく撮れてるだろ?」

 

植田の持っていた携帯には先日の教師とキスをしている写真が表示されていた。

 

このことが学校や教育委員会にバレれば、彼氏である高橋は教師でいられなくなる。

それはつまり彼の夢が壊されるということ。

 

「お願いです…誰にも言わないでください…私にできることならなんでもしますから…」

 

それを聞いた植田は満足そうに乳首を舐め始める。

 

そして手が太ももを摩りながら上まで上ってきた。

 

パシィ!!

 

咄嗟に手を出してしまったユカリ。この男の言いなりにはなりたくない!そう思って行動に出たが…

 

「じゃあ高橋は教師をやめてもいいってことだな!?」

 

「そ…それは違っ…」

 

「お前のせいで彼は教師の夢を絶たれるんだぞ!わかってんのか〜!」

 

そう言いながら植田は思い切り七瀬のお尻を叩き始め…

▽大容量31ページを無料で試し読み▽



▲登録なしで今すぐ読めます▲

感想

寝取りが大好物の人が更に大好物になってしまう良作!

 

可愛い女子高生の純粋な恋愛に漬け込んだ卑劣な寝取りが興奮しますねw

 

まぁ生徒と教師の禁断の恋という奴にも興奮はしますが、それを同じ教師がぶち壊していくという面白さがあります。

 

一番この話で良いところはそんな純粋な女の子が処女でそれを大好きな男よりも先に奪ってしまうというところでしょうね♪

 

犯す側の男の気持ちとしては、その彼氏のマウントを取ったようなものなので、征服感がたまらないはず!寝取りが好きな人はそういう征服感が好みだと思うのですが、そういった意味ではかなり興奮する作品であることは間違いありません。

 

しかも七瀬のおっぱいも揉み応えがあって、張りのありそうな美乳かつ巨乳なので、今後の揉みしだかれるシーンも楽しみです。

 

そして最後にあったお尻叩きのシーンは大興奮でした

色んなエロマンガを読んできましたが、中々お尻を叩くシーンて見ない気がするので、それをムチムチの女子高生のお尻でできるのは最高だと思います。

次が楽しみです!

▽大容量31ページを試し読み▽

→無料でJKを寝取る

※会員登録はしなくてOK