ど田舎の夏休みは発情した姪と汗ダク交尾するくらいしかヤルことがねぇ

ど田舎の夏休みは発情した姪と汗ダク交尾するくらいしかヤルことがねぇ-無料立ち読み可-感想レビューあり



ど田舎の夏休みは交尾しかヤルことがねぇ!

 

いつも夏休みになったら田舎のウチにくる姪っ子が今年もやってきた!

 

いつものように迎えたはず、だけど姪っ子にはある覚悟が…

 

更に襲いかかってきて、アソコを刺激!!姪とこのまま汗ダク交尾?

 

あなたはこの刺激に耐えられるか!?

▽無料の試し読みはこちら▽

▲登録なしで今すぐ読めます▲



これはこんなあなたに向けて作られた作品

この作品を読むべき人は

・JK好き

・妹系好き

・処女好き

・巨乳好き

こんな方々です。

少しでも気になったら、まずは無料の試し読みで確認を!

▽▼無料立ち読みはこちら▼▽

→無料でエロい姪っ子とヤる

※会員登録はしなくてOK

第1話 姪っ子にしゃぶられたら口の中に出すしかねぇ!

暑いバス停で姪っ子のミコトを待っていると、彼女はやってきた。

 

すっかり夏で日焼けの跡がついたピチピチの肌と前回来た時よりもオトナな身体は健康的な感じだ。

 

こんなド田舎で楽しい事といえば、たまにくる姪っ子にエッチないたずらをするくらいのもんだ。

 

この時もちょっかいをかけて軽く胸を触ってやった。

 

前よりも大きくなってる…

 

そして姪っ子を連れて家まで戻り、縁側でゆっくりしてると

 

急にミコトが上に跨って来た。

 

いつもセクハラされてるお返しだといって、ムチムチのお尻でアソコを刺激してくる。

 

まずい、それは流石にシャレにならないと思い、やめさせようとするが一向にやめようとしない。

 

遂には勃ってしまい、やらしくなった姪っ子はズボンを脱がしてソレを取り出した。

 

初めて男のいきり勃つチ◯ポをみたミコトは想像との違いにびっくりしていた。

 

そして、おもむろに手でシゴいてくる。

 

ただでさえ気持ちいいのに、

 

「もう子供じゃないんだから、この先どうすればいいか知ってるよ」

 

そう言って、おチンポを口に含む

 

あまりの気持ちよさに、抑えていた理性が吹っ飛んだ・・・

続きは本編へどうぞ。

▽無料の試し読みはこちら▽

▲登録なしで今すぐ読めます▲

感想

若い娘とヤりたい!!!

 

段々大人になってくるとそんな風に思ってきますよね〜

 

エロいお姉さんも成熟した魅力はあるがやはり若さには何とも変えがたいものがあります。

 

その魅力をこのミコトは全部持っちゃってます。

 

ピチピチでパツパツの肌、日焼けの跡がついても負けないツヤ、精神に見合わない成熟した身体、そして純粋な気持ち。

 

実はあらすじで触れていないのですが、第1話の最後にミコトはおじさんの事が好きだということを告白します。

 

大人の男に認めてもらうために、一生懸命大人ぶって、フ◯ラもしてっていう、健気なところがカワイイんですよね。

 

純粋でまだ何もエッチのことについてわかっていないが故に展開が少しゆっくりなのですが、そこがまた焦らされてて興奮度が高まります♪

 

もう早くイカしてw

 

この第1話の最大の見所がやはりフ◯ラのシーンなんですが、むちゃくちゃエロいです!

 

初めてのくせにそんなことまで知ってんの?って感じで、一生懸命なところが伝わってめちゃくちゃ萌えます。萌えイきますw

ここは本当に必見!

 

夏休みはまだまだ始まったばかりですから、これからドンドンエロいことを覚えて、ヤりまくってくれるミコトを見守ってイきたいですw

▽▼無料立ち読みはこちら▼▽

→無料でエロい姪っ子とヤる

※会員登録はしなくてOK